株式会社高垣工務店

STAFF BLOG スタッフブログ

2021.09.25

家づくりで後悔しないために!失敗例とポイントをご紹介します!

人生に一度のマイホームなので、絶対に成功させたいという方は多いでしょう。
しかし、家づくりの経験が初めてだという方は、どんなポイントに気を付ければ良いかわからないですよね。
そこで今回は、和歌山にお住まいの方に向けて、家づくりの失敗例とポイントについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□家づくりの失敗例をご紹介!

ここからは、家づくりの失敗例を大きく2種類に分けてご紹介します。

まずは、収納に関する失敗です。
収納は住まいの快適さを大きく左右するため非常に重要な空間であり、その分失敗も多いです。
収納の失敗例としては、

・洗面脱衣所の収納が思ったより少なかった
・リビングやダイニングの収納スペースが確保しきれなかった
・子どものための収納スペースを考慮していなかった
・床下収納を設けたものの上手に活用できない
・収納の扉の開閉がしづらく不便だ

などがあります。

続いて、配線に関する失敗例です。
コンセントやコードの配線に関してはあまり意識しなかったという方も多いですが、実際に暮らす際には非常に重要になります。
配線の失敗例としては、

・大量に配置したものの、使い勝手を考えていなかった
・配線を隠そうと見えづらい位置にコンセントを作ったが、掃除がしにくい
・調理家電を使いたいときに丁度良い位置にコンセントが無く不便だ
・テレビボードから配線までが遠く、コードが丸見えになってしまう

などがあります。

収納や配線は、生活するうえで非常に密接に関わってくる箇所なので、これらの失敗をしないように、しっかりとこだわって設計してみてください。

 

□家づくりのポイントをご紹介!

ここからは、家づくりのポイントをご紹介します。
それは、まず家族で話し合うということです。
「子どもをのびのび育てられる環境をつくりたい」、「もっと趣味が楽しめる空間がほしい」など、家を建てる目的はそれぞれですよね。
しかし、その目的をご家族で共有しておかないと、設計時に、ご家族の中で希望のミスマッチが起きてしまいます。

まずは、ご家族全体で「どんな家を建てたいのか」を話し合ってみてください。
家族にとって大切なものを考えて整理すると、きっと家族の理想像がイメージできるようになるでしょう。

 

□まとめ

今回は、和歌山にお住まいの方に向けて、家づくりで起こりがちな失敗例についてご紹介しました。
また、家づくりで成功するためのポイントについてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

PICK UP EVENT

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX