株式会社高垣工務店

STAFF BLOG スタッフブログ

2021.10.23

注文住宅で悩みがちな収納のアイデアをご紹介します!

注文住宅を建てたいとお考えの方の中で、収納設計にお困りの方は多いのではないでしょうか。
収納はその後の生活を大きく左右するため、こだわって決めたい箇所の1つですよね。
そこで今回は、和歌山にお住まいの方に向けて、注文住宅で悩みがちな収納のアイデアについてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□注文住宅の便利な収納アイデアをご紹介!

ここからは、注文住宅で検討したい便利な収納アイデアを3つご紹介します。

1つ目が、パントリーです。
パントリーとは、食糧を管理・保存して置けるスペースのことで、買い置きしやすくなり、買い物の回数を減らせる効果があります。
特に大家族のご家庭は、あると重宝するでしょう。
また、災害時のための非常用の食材を置いたり、普段あまり使わない調理器具を置いたりするのにも最適です。

2つ目が、ウォークインシューズクローゼットです。
玄関にウォークインタイプのシューズクローゼットを作ることで、靴の収納量を増やせて、玄関をすっきりと整えられます。
また、靴だけではなく、ベビーカーやスーツケースなどの出し入れに手間がかかるものを収納するのにもおすすめです。

3つ目が、壁収納です。
壁収納とは、壁の空きスペースを利用した、引き出し型の収納のことを言います。
スペースを効率的に活用できるため、土地に限りがあるが収納スペースは確保したいという方にはぴったりでしょう。

 

□注文住宅の収納設計のコツをご紹介!

ここからは、注文住宅で収納スペースを設計する際に意識したいコツについて2つご紹介します。

1つ目が、生活動線・家事動線を考慮して配置を決定することです。
生活動線や家事動線とは、生活や家事をする際の移動の流れのことで、これらの無駄な動きを少なくすることで効率的に家事がこなせるようになります。
例えば洗濯だと、洗う、干す、畳む、収納するという工程があるでしょう。
そこで、洗う場所の近くに干すスペースを設置し、畳む場所の近くにクローゼットなどを配置することで、洗濯の負担をぐっと減らせるのです。

2つ目が、使用頻度に応じた高さです。
高い場所や奥にしまったものは、取り出す手間からあまり使わなくなってしまうことが少なくありません。
そのため、使用頻度の高いものは手の届きやすい低い位置に収納すると、使うときに取り出しやすく快適に生活できるでしょう。

 

□まとめ

今回は、和歌山にお住まいの方に向けて、注文住宅の便利な収納アイデアについてご紹介しました。
また、注文住宅の収納設計のコツについてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

PICK UP EVENT

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX