株式会社高垣工務店

STAFF BLOG スタッフブログ

2021.11.25

注文住宅の浴室づくりで後悔しないためには?和歌山にお住まいの方必見です!

「家族みんなが快適に過ごせる浴室にしたい」
このようにお考えの方は多いと思います。

しかし、実は浴室づくりで後悔する方はたくさんいます。
そこで今回は、浴室で後悔した実例と後悔しないためのポイントを紹介します。
和歌山にお住まいで注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

□浴室の後悔例をご紹介!

1つ目は、北側に窓がなく、暗くてジメジメすることです。
「夜に入浴するから採光はいらない」「24時間換気をまわすから窓は必要ない」といった理由で、日当たりの悪い北側に浴室を設置する方が多いです。
しかし、実際に住んでみると、常にジメジメして暗いため、お風呂を快適に楽しめません。
浴室づくりでは、間取りについてもしっかり考えましょう。

2つ目は、床や壁を黒にしたら汚れが目立って掃除が大変なことです。
黒っぽい浴室は高級感があり、とてもおしゃれですよね。

しかし、掃除の手間を減らしたい方は注意が必要です。
その理由は、水垢が白く残り、掃除がとても大変だからです。
浴室を色にすると、水垢も目立たないのでおすすめです。

3つ目は、他の居住スペースを優先したら浴室が狭すぎることです。
LDKや寝室の広さを優先したところ、浴室が狭くなってしまったと後悔する方も多いです。
家族みんなが快適に使える広さを意識しましょう。

 

□浴室で後悔しないためのポイントとは

1つ目は、浴室の広さです。
0.75坪は浴槽も洗い場もコンパクトサイズ、1坪は少人数にはぴったりのサイズ、1.25坪は1坪タイプよりも洗い場が広いサイズとなっています。
家族みんなで入浴したい場合は、少し広めにしましょう。

2つ目は、浴槽の向きです。
同じ間取りでも浴槽の向きが変わると、使い勝手がぐんと変わります。
利き手側に浴槽がある方が使いやすいため、ぜひ参考にしてください。

3つ目は、窓の有無についてです。
浴室に窓を設けるかどうかはとても悩むポイントだと思います。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、しっかり把握したうえで決めるようにしましょう。

4つ目は、掃除がしやすいかどうかです。
浴室は定期的に掃除をしないと、すぐに水垢やぬめり、カビが発生しますよね。
新築の浴室がすぐに汚れるのは悲しいので、掃除しやすいものを選びましょう。

 

□まとめ

この記事では、浴室で後悔した実例と後悔しないためのポイントを紹介しました。
家づくりを行う際は、今回紹介した実例と同じ失敗をしないように注意しましょう。
和歌山で注文住宅をお考えの方は、いつでもご相談ください。

PICK UP EVENT

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX