株式会社高垣工務店

STAFF BLOG スタッフブログ

2022.01.14

家づくりを検討中の方へ!間取りの失敗例と気をつけるべきポイントを紹介します!

和歌山県田辺市周辺で注文住宅の購入を検討している方の中には、間取りに関する不安を抱いている方も多いでしょう。
間取りに関する失敗には、いくつかのパターンがあるため、事前に把握しておくことが大切です。
そこで今回は、間取りに関する失敗例について詳しく紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□間取りに関する失敗例を紹介します!

1つ目の失敗は「部屋の大きさ」です。
1つの部屋を大きくしすぎてしまうと、結果的に他の部屋が圧迫されて小さくなってしまいます。
例えばリビングを広くしすぎると、キッチンが狭くなってしまって調理がしにくくなってしまいます。
他にも、子供の大きくなることを想定せずに子供部屋の大きさを設定してしまうと、将来的に後悔する場合もあります。

2つ目の失敗は「収納」です。
収納スペースの配置が悪くて使われることがなかったり、玄関の収納スペースが思っていたより足りなかったというようなケースが多いです。
収納スペースは、あらかじめ用途を考えながら配置を決めていくのがおすすめです。

3つ目の失敗は「動線」です。
特に家事動線は、日々の家事を手軽かつ効率的に行うためにもとても重要です。
洗濯機の置いてある洗面所からキッチンやベランダへ行きやすくしたり、キッチンから子供の様子が確認できたりするように間取りを設定するのがおすすめです。

4つ目の失敗は「日当たり」です。
日当たりは部屋の雰囲気や快適さのためにもとても重要です。
例えば、玄関が北向きのせいで湿気が溜まりやすかったり、隣の家との関係で日中でも日当たりが悪いといった問題が発生しやすいです。

 

□間取りに関して失敗しないためのコツとは?

1つ目のコツは、今の住宅への不満を事前に洗い出しておくことです。
モデルルームを見学すると、つい住宅のデザイン性に目が行きがちですが、機能性もとても重要です。
今住んでいる家に何かしらの不満があって引っ越しをする場合が多いため、事前に住宅に関する不満点を明らかにしましょう。

2つ目のコツは、どのような生活をしたいのかより現実的に考えることです。
特にご自身だけでなく、家族全員で家事や収納のことを考えてみることが大切です。
より現実的に考えることで、住宅への不満点が明らかになったり、工事中の住宅の問題点が見えるようになります。

他にも、モデルハウスや周辺環境を把握することも大切です。

 

□まとめ

今回は、間取りの失敗例について詳しく紹介しましたがいかがだったでしょうか。
どのような生活をしたいか事前に創造しておくことが大切です。
注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

PICK UP EVENT

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX