株式会社高垣工務店

STAFF BLOG スタッフブログ

2022.11.01

平屋で失敗しないために!平屋で後悔しがちなポイントとは?

近年、平屋住宅の人気が高まってきています。
シニア向けというイメージもある平屋ですが、若い人でも新築で平屋を選ぶ人がいます。
今回は、そんな平屋について、建てた後で後悔したことをご紹介します。
新築の平屋をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

□平屋で後悔したこととは?

 
家の計画を立てている最中や住み始めたばかりの段階では、期待やワクワクで胸がいっぱいになり、マイナス面の部分にあまり気づかないことがあるかもしれません。
しかし、実際に住み始めてしばらく経つと、「ここが使いづらい」「ここはもっとこうしておくべきだった」などと、後悔する部分がちらほら出てくることもあります。
 
では、平屋の場合では、一体どのような後悔が多いのでしょうか。
7つの後悔をを紹介します。
 
1つ目は、土地の広さが十分ではなかったことです。
ワンフロアしかない平屋は、土地の広さがとても重要です。
2階建てであれば、多少土地が狭くても2階分の床面積があるため、それほど不便には感じないでしょう。
しかし1階建てである平屋は、そうはいきません。
 
家を建てるエリアや予算によっては、十分な土地の広さを確保できないこともあるでしょう。
そのような場合は、無理に平屋を建てない方が良いかもしれません。
 
2つ目は、持っていたこだわりを色々と諦めてしまったことです。
「緑がいっぱいの中庭を作りたい」
「収納スペースをたっぷりと確保したい」
「スタイリッシュなデザインにしたい」
など、はじめは多くのこだわりを持っていても、予算という現実的な問題から、その多くを諦めてしまうケースはとても多いです。
 
家は多くの方にとって一生に一度の買い物ですので、現時点ではこだわりを実現できないのであれば、一旦立ち止まって、「いま家を買うべきなのか」と考え直しても良いかもしれません。
 
3つ目は、間取りが使いにくかったことです。
平屋はワンフロアであるため、部屋を多く作ろうとすると、それぞれの空間が狭くなってしまいがちです。
しかし、反対に、オープンな空間を作りすぎても、プライバシーの確保が難しくなってしまうでしょう。
考えている間取りが実際に生活しやすい間取りなのかどうか、時間をかけて何度もシミュレーションをしましょう。
 
4つ目は、収納の量がぴったりではなかったことです。
2階建ての家に比べると、平屋は収納スペースを確保しづらい部分があります。
現在お住まいの家の収納量を確認して、新生活ではどの程度の収納が必要になるのか、将来の家族構成も意識しつつ具体的に考えておきましょう。
 
5つ目は、防犯面で不安を感じてしまうことです。
1階部分しかない平屋では、防犯面で不安を感じる方も少なくありません。
2階以上のフロアであれば、少しくらい窓を開けて生活していてもそれほど問題はないでしょう。
 
しかし、1階の場合は、窓を開けておくと外の通行人の視線が届いてしまうため、防犯やプライバシーの面で問題が出てきます。
泥棒にとっても侵入しやすいつくりであるため、侵入を防ぐための工夫をしたり、夜間はシャッターを下ろしたりなどの対策をすると良いでしょう。
 
6つ目は、水害の不安を感じてしまうことです。
建物に高さがない平屋は、2階建てに比べると水害に弱いと言えます。
いざというときに2階に逃れることもできないため、そういった面でのリスクもあります。
水害の被害に遭う可能性の高い土地では、平屋はおすすめできないため、土地を選ぶ前にハザードマップをよく確認しておきましょう。
 
7つ目は、日当たりが良くないことです。
平屋の中心部分は窓からどうしても遠くなってしまうため、光の取り入れが十分にできない可能性もあります。
中庭や天窓などで、採光の面での工夫を取り入れると良いでしょう。
 

□平屋で後悔しないためのポイントは?

 
平屋で後悔しないためには、以下のポイントを押さえておきましょう。
 
・土地が平屋に適しているか
・家族みんなが納得できているか
・将来のことまで考えられているか
・実際に生活する様子を具体的にイメージできているか
 
土地選びに関しては、前述したように、十分な広さがあるかどうか、水害のリスクが高くないか、十分な日当たりが確保できるか、といったポイントが重要です。
 
また、平屋は2階建てとは異なるメリット・デメリットがあるため、家族全員がそのメリット・デメリットに納得できているかどうかがとても大切です。
違和感を残したまま家づくりが始まってしまわないように、思ったことをしっかりと伝え合う話し合いを行いましょう。
 
家はこの先何十年も生活していくものです。
現在のライフスタイルだけでなく、将来どのような暮らしになるかを想像しつつ、具体的な生活をシミュレーションしながら考えましょう。
 

□まとめ

 
今回は、平屋で後悔したことと、そういった後悔を避けるためのポイントについて解説しました。
よくある後悔を知っておくことで、同じ失敗を避けられます。
家を建て始める前に失敗しがちなポイントについて理解しておくと良いですね。
和歌山県田辺市周辺で新築をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。

PICK UP EVENT

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX