株式会社高垣工務店

ぶっちょのつぶやき ぶっちょのつぶやき

泣いて、笑って、人生トゥゲザー 高垣工務店

2020.8.16

『EXILE 方式』

「今、高垣工務店が熱い!!」って、僕はずーっと言い続けている。かれこれ20年・・・そんなこんなで高垣グループ(新築事業部、再生事業部、健康事業部、教育事業部)スタッフ全員でなんと56人になった。ちなみに、EXILE系のグループは57人。HIROさんは何とも思ってないだろうけど、こっちは一丁前に意識しまくり!

 

社長 ブログ

 

20代が50%を超え、県外からの移住者が10人を超え出した。10年前は7人ぐらいだったが、すげ〜インドぐらいの人口増加率だ。スタッフが増えた理由は、事業部が増えたのと、スタッフも歳をとるって事。5年10年単位で未来を考えたら不安になってきた。家の寿命は100年時代と言われているのに、それを守る会社とスタッフの寿命が合わない。スタッフと相談した結果、「メンバー増やそう!」と、「で、どうやって増やす?」てな訳で、とりあえず大阪に出て、大学生をかっさらって来ようと、「新卒採用イベント」に参加。

 

会場は大きなホールで、300社以上が参加。大手企業に混じって、ちょうど4畳半のブースを借りて、9台の椅子を並べて、学生を呼び込む!!どうやっていいか、わかんない!そもそも参加したメンバー全員高卒で、大学生の気持ちすらわかんない。そんなスタートでした。他の会社は、ブースの椅子や壁にイメージ広告で彩っており、なんとも華やかだったが、こちらは予算の都合で、折り紙で輪っかをつなげて、お誕生日会の様なブースを全力で仕上げた。スタッフが会場の学生さんに声をかけても、ティッシュ配るより無視される。心が折れる。都会の大きな交差点で、「いい居酒屋ありますよ!」と誘い、遠い路地裏の小汚い居酒屋に連れていく手法を採用!!ブースも9台の椅子に学生1人でも説明会をスタートさせる。これを、一日何回もする。「社長のテンションが下がらないように」と、スタッフの30代のすーちゃん、さくらで学生として、髪を黒く染めて、リクルートスーツを着て参加してくれた。感謝。学生に一日20回ぐらい同じ話をして、高垣工務店の採用面接を受けて頂くのだが、都会の学生に響く魔法の言葉を発見した!

 

「皆さんは、大手に行って採用されるかも知れませんが、活躍できると思いますか?僕だったら行かないな!AKBに例えるなら、今のAKBに入るか?もう個性も出尽くしたし、指原に勝てるか?しかし、これが初期のAKBだったら?ぶっちゃけ前田のあっちゃんぐらいがセンターなら、勝てそうな気がしてこないか?何が言いたいかと言いますと、高垣工務店は初期のAKBなのです。

 

社長 ブログ

 

思いっきりセンター取れます!皆さん、面接だけでも受けてください!COME  ON」これで、なんと約30名近くの学生が採用面接に来てくれます。その後、一次、二次面接までして、五名くらいの学生が残り、高垣工務店に来て1泊2日の最終面談をします。最終面談は、高垣スタッフ全員参加で決めます!一緒にOBのお客様の家を訪問したり、一緒にカレーを作ったり、お酒飲んで語ったり、他の事業部を視察したり、地域の未来を考える会議に参加してプレゼンしたりして、仲間の採用を決めます!!これを高垣工務店では、EXILE 方式と呼んでいます!

 

社長 ブログ

 

EXILE のHIROさんは、メンバーを決めるときは、共に歌って踊って、メンバー全員で決める。プロは歌って踊るとフィーリングで仲間がわかる!らしい。これカッコイイ!!てな訳で高垣工務店EXILE方式を採用!!まー、HIROさんはなんとも思っていないだろうけど、ちなみに、僕の名前は”のぶひろ”。ある意味、のぶHIROさんな訳で、本当にどうでもイイ訳で!本日のお話これにて終了✌(‘ω'✌ )

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX