株式会社高垣工務店

QUALITY 品質/耐震

高垣工務店ではお施主さまが一生住まうお家を安全に建てるために、様々な厳しい条件を設けています。
また、耐震等級3相当を実現する事はお施主さまの生命や財産を守る上でクリアーすべき当然の基準だと考えております。ただ闇雲に筋交や金物で補強するだけで無く、偏心率、柱、耐力壁の直下率など、建物全体のバランスに細心の注意を払う事で、より地震に強くて丈夫で長持ちする家を造っています。

自社設計基準 直下率60%以上 / 偏心率15%以下 / 耐震等級3

長く安全な住まいであるための9つの工法

  • 1

    在来軸組工法

    主に柱や梁といった軸組で建物を支える日本の伝統的な建築工法です

  • 2

    基礎パッキン

    基礎と土台の間に基礎パッキンを敷き込み、隙間から床下換気を行う工法で、換気は耐久性・構造安全性・省エネ効果と、お家には欠かせない品質を高めます。

  • 3

    ベタ基礎

    高垣工務店の基礎は、耐震性・耐久性にすぐれたベタ基礎採用に加え、基礎の中に含まれる鉄筋を通常の2倍の間隔で密に組みこみ、地震の揺れにも変形しにくい強い仕様となります。

  • 4

    外壁通気工法

    結露から生じる湿気はお家の柱や土台を痛めてしまう原因となる為、外壁材と柱の間に通気層を設け、湿気をスムーズに外へ排出しお家の耐久性を高めています。

  • 5

    24時間換気計画

    持ち込みの家具や備品などから有害物質の発散はある為、24時間対応の機械換気設備を設置します。

  • 6

    構造材・プレカット

    木造住宅の骨組は、コンピューター制御の全自動加工機により工場で木材を加工します。現場加工に比べ、工期短縮や加工精度が向上し、高精度・高品質の家づくりが可能になります。

  • 7

    鋼製束

    お家の床を支える「束」と呼ばれる支持材に、圧縮強度が2t以上の溶融亜鉛メッキ処理を施したサビや白アリを寄せ付けない、強く安心な鋼製束を採用しています。

  • 8

    ヘッダー配管

    床下の水道配管を一か所(ヘッダー)にまとめた施工法で、施工性・耐久性・メンテナンス性が高まります。

  • 9

    剛床施工

    2階の床は、剛性の高い工法にて施工し、地震の時にはねじれを防ぎ耐震性を高めています。

OPEN HOUSE OPEN HOUSE

職人さん同士のコミュニケーション
大切にしています

高垣工務店では「会社」と「職人さん」だけではなく、「職人さん」と「職人さん」の コミュニケーションも大切にしています。よりお施主さまに喜んでいただけるお家を作るための勉強会では、職人さん同士、意見交換を重ね出来る連携こそ品質の高い「施工力」につながります。その為に、老舗会議(業者さま全体会議)・設計会議・着工前会議・上棟前会議・定例勉強会を定期的に開催しています。会議には70~80名の職人さんが集まることあり、オーナーさまから実際にいただいた声を伝える場ともしています。

担当者だけではない、会社とする「お家づくり」

打合せからお引渡しまでの全工程をスタッフ全員で週に1回、お家づくりがどこまで進んでいるかを会議で確認しています。通称LIFEと呼ばれる会議は、担当以外のチェックも入ることでミスを事前に防ぐことができ、1邸1邸、スタッフ全員が現場の進捗状況を把握することができます。このお家づくりの流れがISO9001を取得し、1000以上のチェックよりお施主さまに一定以上の品質のお家づくりをご提供させていただいています。

takagaki gift box takagaki gift box

HOUSE MAKE 高垣工務店のお家づくり

PICK UP EVENT

あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX あなたに、もらって欲しいものがあるの…TAKAGAKI GIFT BOX